アクセスランキング

年収ちゃんねる

仕事/職業の年収や給料&それらに関する情報の2ちゃんねる(2ch)のまとめブログです。



タグ:プア充

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
images

1: 諸星カーくんφ ★ 2013/12/10(火) 00:57:02.59 ID:???
ソース
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20131206/256802/

「ワーキングプアとか、プア充とか。“プア”なんて、軽い言葉で言ってほしくないです。僕の母は、ブラック企業で働いています。でも、辞めません。なぜなら、貧困だからです」

これは、先日、ある大学で講義後のレポートに、ひとりの学生が書いていたものである。

プア――。

確かに、貧困と表現するより“軽い”。特に最近は、「プア充」なんて言葉も流行っているので、余計に軽いイメージがある。念のため補足しておく。プア充とは宗教学者の島田裕巳氏が勧めている生き方のことだ。

「年収300万円というと、『それってワーキングプアじゃない?』『貯金できないし、結婚もできない』と思うかもしれないが、今の日本では100円ショップや格安ネット通販がそろっていて、むしろ楽しく幸せに暮らしていくことができる」と、島田さんは説く。

■「本当の貧乏」ってホントにわかってますか?

でも、これは、「稼ごうと思えば、稼げるチャンスがある人」だからこそ勧められるし、受け入れられる考え方なのかもしれないと思ったりもする。

「プア充なんて、本当の貧乏がわかってないから、そんなこと言えるんだ!」

「貧困層だ」と称したこの学生は、そう思った。ワーキングプアだって、「働いても働いても、生活できない貧困な人々」って言えばいい。そんな世間への怒りをレポートに書いてきたのである。

■母はブラック企業で働いています。けど辞めません

まずはこの学生が、なぜ貧困について書いたのかを説明しておこう。

その講義では毎回、一人の人物を取り上げ健康社会学的視点から紐解いていくのだが、冒頭のレポートは本田宗一郎さんの回のものである。本田宗一郎が貧乏な家庭で育ったことについて、彼なりの意見が書かれていたのだ。

「本田宗一郎が貧乏だったというのには、とても親近感を持ちました。僕は、汚い着物だからって、友だちの家から追い返されたことはなかったけど、それに近いことはありました」

「本田宗一郎には技術があった。でも、僕には何があるんだろう? そう考えると不安になります」

「本田宗一郎の、『貧困な人は、早く自分の得意なものを発見して、大切に育てよう。それが心の支えになり、栄光への力強いバックボーンともなる』という言葉は、とても心に残りました。母は、『一生懸命勉強して、とにかく大企業に入りなさい』って言います。大企業に入れば、本田宗一郎のバックボーンとなった技術のようなモノが、僕にも見つかるのか? よくわかりません。ただ、ひとつだけわかっているのは、僕の家庭は貧困だということです」

「母は、ずっと働いています。正社員ではありません。なのに、いつも働いています。ブラック企業で働いています。でも、辞めません。なぜなら、貧困だからです。ワーキングプアとか、プア充とか。“プア”なんて、軽い言葉で言ってほしくない。貧困は……、そんな生易しいものじゃない」

(続く)

Sponsored Link
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
url

1: 急所攻撃(新疆ウイグル自治区) 2013/12/06(金) 12:25:14.84 ID:xu2DyGnQP BE:4846531878-PLT(12050) ポイント特典
月収11万円、47歳フリーターの「プア充」な生き方

西園寺さんのパートナー「野口ヨシオ」は47歳のフリーターだ。

名門と呼べる大学を出て、留学経験もある「ヨシオ」は、大学卒業後に大手広告代理店に入社したが、会社員生活に疑問を感じ、一年も経たないうちに辞めて、アルバイトをしながら好きな絵を描く生活に突入。そのまま30代に入ってすぐ、同い年の西園寺さんとの交際がスタートした。

当時駆け出しのフリーライターだった西園寺さんが徐々に仕事を増やしていくのと対照的に、アルバイトで月に5万円ほど稼ぎ、実家でのんびりと暮すヨシオ。彼のペースは家庭の事情で一人暮らしを始めても変わらない。根本的にお金を稼ぐことが好きではなく、お金への執着心が薄いのだ。

付き合った当初は「いつかは画家として成功してくれるかも……」という淡い期待もあったという西園寺さんだったが、ヨシオは絵でお金を稼ぐ気はまったくなく、1年に2作程度しか描かない。結婚願望があったことに加えて、「社会に迷惑をかけずに生きるのに必要な分は稼ぐ。それ以上は働かない」というヨシオの生き方も、ときに西園寺さんを苛立たせ、悩ませたようだ。

しかし、ヨシオは「自分らしく生きて、自分をまっとうする」という自分の生きる基準を持って、お金がなくても満足できる生き方をしている。そして、なによりも彼はとにかく明るく、貧しいことに対する悲壮感も卑屈さもない。お金はないが、お金がないなりの楽しみを持って充実した人生を送り、「結婚して養う」という方法ではないが、傍らにいる西園寺さんを幸せにしようとしている。

そうしたヨシオの生き方や考え方は徐々に西園寺さんにも浸透し、二人は結婚しないまま今も楽しく仲良く暮らしている。ちなみに、今のヨシオの収入は月に手取り11万円ほどだそうだ。

http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1311/26/news087.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
url

1: 守礼之民φφ ★ 2013/11/29(金) 05:38:12.98 0
自分の身内や知人に、40代後半になってもフリーター生活を続けている男性と付き合い続けている女性がいたら、どんな印象を持つだろうか。

人によっては「将来がないからあの人はやめておきなよ」とはっきり言うかもしれないし、口では「人それぞれ生き方があるから」といいながらも、心のどこかで「うわ、それはないわ……」「自分には絶対ムリ」と思う人もいるだろう……。

正社員として働き、安定した収入を確保することが、とりあえず当面は金銭面での不安を軽くすることはまちがいないし、それを「幸せ」の条件だとするのもうなずける。

しかし、やはりそれだけではないのだ。『稼がない男。』(同文館出版/刊)は、フリーライターの西園寺マキエさんが、30代のはじめから長年交際を続けてきたパートナーとの日々をつづった一冊。

お気づきの通り、冒頭の女性とは西園寺さんのことである。

西園寺さんのパートナー「野口ヨシオ」は47歳のフリーターだ。名門と呼べる大学を出て、留学経験もある「ヨシオ」は、大学卒業後に大手広告代理店に入社したが、会社員生活に疑問を感じ、一年も経たないうちに辞めて、アルバイトをしながら好きな絵を描く生活に突入。

そのまま30代に入ってすぐ、同い年の西園寺さんとの交際がスタートした。

当時駆け出しのフリーライターだった西園寺さんが徐々に仕事を増やしていくのと対照的に、アルバイトで月に5万円ほど稼ぎ、実家でのんびりと暮すヨシオ。彼のペースは家庭の事情で一人暮らしを始めても変わらない。

根本的にお金を稼ぐことが好きではなく、お金への執着心が薄いのだ。

付き合った当初は「いつかは画家として成功してくれるかも……」という淡い期待もあったという西園寺さんだったが、ヨシオは絵でお金を稼ぐ気はまったくなく、1年に2作程度しか描かない。

結婚願望があったことに加えて、「社会に迷惑をかけずに生きるのに必要な分は稼ぐ。それ以上は働かない」というヨシオの生き方も、ときに西園寺さんを苛立たせ、悩ませたようだ。

しかし、ヨシオは「自分らしく生きて、自分をまっとうする」という自分の生きる基準を持って、お金がなくても満足できる生き方をしている。そして、なによりも彼はとにかく明るく、貧しいことに対する悲壮感も卑屈さもない。お金はないが、お金がないなりの楽しみを持って充実した人生を送り、「結婚して養う」という方法ではないが、傍らにいる西園寺さんを幸せにしようとしている。

そうしたヨシオの生き方や考え方は徐々に西園寺さんにも浸透し、二人は結婚しないまま今も楽しく仲良く暮らしている。ちなみに、今のヨシオの収入は月に手取り11万円ほどだそうだ。

金銭的なことに価値をおくのをやめれば幸せに生きられるということではない。実際、お金の問題は常に二人に付きまとってきたし、これからも付きまとうはずだ。

ただ、お金がなくても幸せに生きる方法がないわけではないというのは一つの事実だろう。幸せかどうかというのは結局のところ自分の考え方一つであり、ヨシオは自分に合った生き方を
知っていて、その通りに生きている「幸せな男」なのだ。

「幸せとは何か?」という答えを、この本は提示してくれない。しかし、「47歳・フリーターだけど人生の楽しみ方を知っている男」にどんな印象を持つかは、この問いについて考えるのと同じことだ。

ぜひ本書を読んで、自分なりの答えを探ってみてほしい。

http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1311/26/news087.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
url

1: 河津掛け(岡山県) 2013/11/04(月) 11:06:09.72 ID:+r2OhQ7Y0 BE:1743894645-PLT(12000) ポイント特典
プア充拡大 280円牛丼、100円DVDなど上質なサービスが背景

高収入を求めず、そこそこ働き自分の生活を充実させていく「プア充」という生き方を宗教学者の島田裕巳氏が提言し、注目を集めている。なぜ「プア充」が支持され、広がるのか。背景には戦後から続いてきた社会の仕組みが大きく変化したことがあるという。関西学院大学社会学部准教授で理論社会学を専攻する鈴木謙介氏(1976年生まれ)が解説する。  

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131104-00000007-pseven-life

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

url

1: ダブルニードロップ(埼玉県) 2013/10/10(木) 20:23:38.30 ID:0ZqU54T6P BE:2163630555-PLT(12050) ポイント特典
「年収300万円だからこそ、豊かで幸せな日々を送ることができる」

こう提言するのは『プア充―高収入は、要らない―』(早川書房刊)を上梓した宗教学者の島田裕巳氏だ。島田氏がプア充のすすめを説く。

「お金は、あればあるほど幸せになれる」 「辛い仕事でも、我慢して働いていれば、そのうちきっと報われる」果たしてそうだろうか。むしろ稼げば稼ぐほど、お金に対する不安や執着や欲望が増すのではないか。

また、右肩上がりの経済成長が終わった日本では、がむしゃらに働いても、その労働に見合った収入を得るのは難しくなっている。特別な才能がないと高収入は期待できず、今後、格差はますます広がっていくだろう。

そんな時代だからこそ、自分にとって豊かで幸せな生き方とはどのようなものかを改めて問い直す必要がある。

私が提案するのは、会社に縛られずにそこそこ働き、年収300万円ぐらいで自分の生活を充実させていく「プア充」という生き方である。東洋の「小欲知足」(欲を持ちすぎず、現在の状態に満足する)という思想を、現代の日本に合う形にアレンジしたものだ。収入が低いからこそ豊かで安定した生活ができて、楽しく幸せに生きられるという考え方である。

年収300万円というと、「それってワーキングプアじゃない?」「貯金できないし、結婚もできない」と思うかもしれない。しかし今の日本では、むしろ楽しく幸せに暮らしていくことができるのだ。

その理由を説明しよう。会社で働いていると、今月より来月、今年より来年というように、常に成長していないと存在意義がないと考えがちだ。確かに会社は株主に利益をもたらすためにあるものだから、成長という使命からは逃れられない。

しかし個人が「成長しなければならない」というプレッシャーにあおられると、過剰な労働に体を酷使してでも「もっと稼がなくては」という気持ちが際限なく湧いてくる。年収300万円を超えると、今度は350万円、次は400万円、さらに500万円といった具合に……。

http://www.news-postseven.com/archives/20131010_216797.html

続きを読む

このページのトップヘ