アクセスランキング

年収ちゃんねる

仕事/職業の年収や給料&それらに関する情報の2ちゃんねる(2ch)のまとめブログです。



タグ:悲惨

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
fujisan

1: 2018/11/06(火) 08:32:54.501 ID:aZ0LAO5q0
社畜や非正規の悲惨さやばいのに

Sponsored Link
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tsucho

1: 2018/03/03(土) 05:48:30.66 ID:BiJtIag3M0303
手取り15万円
残業30時間、深夜手当、通勤手当、資格手当含む

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
senen

1: 2015/11/05(木) 13:47:48.472 ID:1v+sBxThE
彼女に貢ぐ金もないからイケメンじゃない限り彼女は無理

オタクになろうとしてもグッズ買えなくて死亡

大学まで行けばバイトしても大丈夫だけど

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
sumaho

1: 2016/12/05(月) 17:45:18.295 ID:zWcNQrMc0
新しい絵が追加される度に毎月数万単位で金を貢いでく
中には食費や生活費を削ってまで課金するアホもいる
ソシャゲの運営が倒産したらなにも残らない

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
shippai

2: スパイダージャーマン(東京都)@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 15:29:00.98 ID:5eMlXBcH0.net
IT土方

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
shippai

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 20:40:56.39 ID:k79T+wmu.net
金融→ノルマ厳しく、激務で離職率高い
保険→営業営業&激務
郵政→自爆営業
商社→給料は良いが海外転勤や日付変わってからの帰宅は当たり前、過労死の危険性も
不動産→昇格すればゆったり&高給だが、若い内は厳しい営業に耐えなければならない


やばくね?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
url

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/10/20(日) 18:44:14.64 ID:???0
一時は“カリスマ美容師”の名前まで誕生し、若者の人気の就職先にもなった美容室業界。しかし、実体は1日10時間以上の労働で稼ぎは月10万円程度、残業代はもちろん、社会保険さえ加入できないという厳しい世界であることは、今はつとに知られている。

相当な有名店でなければ生き残りさえ難しいということも半ば常識になっている。一方、まったく無名な個人経営であっても、「従業員を4人雇って、ボーナスも出せる」という美容室がごく一部だがある。

この美容室の経営者によれば、従業員には、ボーナス込みで年収300~450万円程度を支払っているという。一般企業の勤め人に比べれば決して高くはないが、美容室業界としては、かなり立派な給与といえるだろう。

収益を上げている要因は、“店販(てんぱん)”。店で使うシャンプー、リンスなどを来店客に販売するビジネスだ。この美容室は、化粧品なども販売している。店販の売上は「企業秘密」としているが、「利益率は数十%、労働集約型の本業よりもかなり高い」そうだ。

実際、こういったビジネスモデルは、世界の大型店では当たり前となっているようだ。たとえば、売上世界一の米レジス・コーポレーション。世界10か国に約1万店を展開している。

店舗の特長は、入り口にずらりと並べられている化粧品やヘアケア製品。本業の美容室は店舗の奥にあり、見えにくいため、何も知らない人は、化粧品ショップと間違える。

しかし、店販で成功するのは、決して簡単ではない。第一に美容師の気質が邪魔をする。「自分は職人だという自負がある。『シャンプーなんか売れるか』、という気持ちが先に立つ」(前出の美容室経営者)。

気持ちを切り替えて、店販に精を出そうとしても、また、難問が立ちふさがる。

「美容室で使うシャンプーやリンスは、専門メーカーの高級品。モノはいいが、1か月分で2,500円以上する。これをお客さんに売るには、相当の営業力が必要」(同)さらに、この経営者のように化粧品まで売ろうとするとさらに苦労が重なる。
http://economic.jp/?p=28208
>>2

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
url

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17(木) 04:34:05.22 ID:1tL47A9o0
大学4年でいまだNNT

続きを読む

このページのトップヘ