アクセスランキング

年収ちゃんねる

仕事/職業の年収や給料&それらに関する情報の2ちゃんねる(2ch)のまとめブログです。



タグ:質問

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ichimanen

1: 2019/12/22(日) 12:32:09.49 ID:U88IIvrwM
ワイは十万円を限度に考えてる
管理費込み

Sponsored Link
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
fufu_young

1: 2018/07/14(土) 19:30:45.853 ID:zbBCJ9Y+d
俺の顔みたら分かるよな

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mensetsu

1: 2017/09/18(月)06:48:01 ID:zLT
母親と友達の2人なんだけど、分からないことで質問してたら
二人とも最終的に疲れたりイライラして教えてくれなくなる。
質問の仕方とか何をどう治せばいいんだろう。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mensetsu

1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/17(水)22:05:49 ID:c7E
面接官「職歴なしとありますがアルバイトはしていましたか?」

俺「しておりません」

面接官「今まで一回も?」

俺「18から20の時だけコンビニ店員をやっておりました」

面接官「25になるまでは?」

俺「特に何も」

面接官「理由としては何故ですか?」

俺「アルバイトはいくらやっても職歴にならないと思ったため、やる意味がないと思いました」

面接官「なるほど、アルバイトをやったことによってスキルが身につくとか考えませんでしたか?」

俺「考えませんでした」

面接官「あなたの前に面接をした方は定職にはついたことがないものの、アルバイトはかなりやっていたようです」

俺「そうですか」

面接官「あなたの考え方では弊社では採用することは恐らくないです。そしてどこへ行ってもそれは同じですよ?」

俺「…」

面接官「以上です。質問はありますか?」

俺「不合格ということでしょうか?」

面接官「まあ…端的に言えばそうですね。あなたのスキルや人生経験を考慮した結果、弊社で採用する必要性を感じられませんでした。」


もうつらすぎ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
c0197257_2227849

1: カーフブランディング(宮城県) 2013/12/01(日) 13:34:27.76 ID:cO13yHkl0 BE:1894077037-PLT(22236) ポイント特典
そろそろ忘年会の季節。本来なら1年間の労をねぎらう楽しい宴となるはずだが、忘年会が憂うつだという人は少なくない。

「飲めないのに無理矢理飲まされる」「飲み会の雰囲気に溶け込めず、辛い」「会社終わってまで嫌な上司に付き合いたくない」などなど。

働く女子からは、「ここぞとばかり上司やお局から、結婚は?彼氏はいるの?などプライベートな質問をされるのがイヤ」「2次会断れずに出て、いつも割り勘負け。金欠なのに...」といった忘年会アレルギーな書き込みがネットに溢れている。

http://news.so-net.ne.jp/article/detail/900467/?nv=r_cmn_ranking

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images-1

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20(水) 22:44:57.62 ID:aDkPv+ic0
お願いします

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17(木) 01:20:56.65 ID:RbsgtaOh0
徳川家康です(大嘘)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: ラ ケブラーダ(岡山県) 2013/09/16(月) 09:21:34.91 ID:0WpfjLCd0 BE:2179868055-PLT(12100) ポイント特典
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

新入社員に対して働く目的を尋ねたところ、2000年までは一貫して5%程度しかなかった「社会のために役に立ちたい」という項目が2000年を境に急増、2012年には15%まで上昇した。また「楽しい生活をしたい」という項目も2000年を境に急上昇し40%とトップになっている。

これに対して「経済的に豊かな生活を送りたい」「自分の能力をためす生き方をしたい」という項目は、逆に2000年を境に低下し、現在は20%程度まで落ち込んでいる。

最近の若者が賃金にはこだわらず「社会の役に立ちたい」「楽しく仕事をしたい」という傾向を強く持っていることは、各種調査などですでに明らかになっている。だが2000年を境にこうした意識の変化が急激に進んだという事実は、長期的な統計を見ないとわからないものである。

http://news.kyokasho.biz/archives/16704

続きを読む

このページのトップヘ